障害者にやさしい消費者金融はここ!

プロミスは聴覚障害者にもやさしい




モビットは視覚障害者の方にも親切な消費者金融?



最低限のやりとりでお金が借りられるキャッシング大手といえば、モビットです。特定の銀行口座(三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行)に口座をもっていれば、申し込みから審査結果の連絡まですべてネットだけで終えることができます。書類のやりとりもありませんので時間の短縮にもつながります。 あなたがもし初めての借り入れで、無利息金利にこだわりたいという場合は、プロミスがおすすめ。 初回限定30日無利息のサービスを実施しており、50万円までの借り入れなら原則収入証明書が必要ありません。 収入証明の提出不要で、もう少し大きな金額が必要な方は、楽天銀行スーパーローンをご利用ください。 最大200万円まで源泉徴収票などの書類が不要になります。ネット専業の銀行なのでネット利用に慣れている人ならとても便利なカードローン業者です。 今すぐお金借りたいという方にはぴったりですね。



今までは障害者の方がお金を借りる場合、店舗に行って書類を書いてその説明を受けてという手続きが非常に煩雑で審査は通るほど安定した収入や資力はもっているのに、それ店舗に出向くという行為自体が、借り入れの障害になっていました。 こうしたネットでのキャッシング利用の拡大は障害者の方の借り入れ需要に大きく応えるサービスだといえるでしょう。

障害者の人はお金以外のことでもいろいろ困難を抱えている

街中で見かけることが多いのは、視覚障害者の方です。
手に白い杖を持っているので気づくのですが、もちろん
広い歩道ではほぼ問題ありません。
でも広くても、いろいろな障害物があったら困りますよね。
私が見かけたのは、図書館に入る手前の駐輪場のあたり。
今はきちんと駐輪場が整備されていますが、当時はまだ自転車が歩道にはみ出すようにして置かれたものが多かったんです。
ですから、若い男性の視覚障害者が自転車の列にはばまれて前に進めず困っているところを見かけました。
勇気を出して声をかけたら「図書館に入りたい」とのこと。
それで、おそるおそるその人の腕を取って歩き始めたんです。
若かったので、どうやって手助けしたらいいかわからず…
とりあえずゆっくり歩いて、カウンターまでお連れしました。
丁寧にお礼を言われたのはいいのですが、今考えるとその人の腕を取るよりも、自分の腕を取って歩いてもらえばよかったんですね。
初めて声をかけたのでドキドキしたけれど、お礼を言われてうれしかったのを覚えています。
まだまだ、視覚障害者にとって歩きにくい歩道はたくさんあります。
私たちがちょっと気を付ければ、そういう問題は減らせると思うんですけどね。

とある大学での話です。その大学は全館バリアフリーを謳っていて、エレベーターが設置されていたり階段の横がスロープ(坂道)になっています。
それだけを見ると確かにバリアフリーではあります。
しかし私が見た障害者の方はトイレで困っていたようです。
その方は車椅子だったのですが、トイレに入れず四苦八苦していました。
どういうことかというと、トイレは入り口のあたりが曲がっていたりすることがあります。
多分外から見えなくする工夫だとは思うのですが。
でもそれが車椅子の方にとっては困るようです。
方向転換は足で歩いていると難なくできますよね。
それが車椅子だと大変になります。
当然入り口が狭くて曲がっているトイレが車椅子の方にとって使用しやすいはずもありません。
最終的にその車椅子の方はなんとかトイレの方に入れたようだったので、私はその場を去りました。
けど、考えてみたら今度はトイレから出る際にもおそらくは苦労したのだと思います。
バリアフリーの大学でこれなのですから、普段障害者の方がどれほど苦労しているのだろうか。そんなことを考えさせられました。
とある全館バリアフリーの大学での話です。


また、その大学は一応のバリアフリー設備を設けてはいました。
ただ、バリアフリーといってもエレベーターやスロープというごく当たり前のものしかありませんでしたが。 そしてそんな大学で私が見たのは、杖をついた教授が、教室前の鉄の扉でたたずんでいる姿でした。
その大学の教室はものすごく重い鉄の扉が入り口になっていて、健常者の方でも開くのに一苦労するような扉です。
それで私の見た教授の方は割とご年配の方であることもあって、杖をつかないと歩けないような方でした。
なんとか扉を開こうとはしているのですが、いかんせん杖がないと歩けないような方です。
重い鉄の扉と格闘しつつも結局は開けられないようでした。
私はそういった場面で手を貸すべきか否かを迷って結局動けない人間ですので、そのときも助けようかどうか迷って動けずにいました。
そんな折、ある学生の方が親切にも扉を開けてあげたので教授はようやく教室に入れたようでした。
毎回あの教授の方は扉に悪戦苦闘しているのでしょうか。
たかが扉でもされど扉。障害者の方には大きな問題なのかもしれないと思わされた一件でした。
ネットの質問掲示板やQ&Aサイトを見ているとよく目にするのが、障害○級ですが、お金を借りられますか?という質問です。質問主の方はご自身に障害があることを気にされているかと思いますが、通常の金融機関であれば、障害の有無は全く関係ありません。身体機能よりも、返済能力があるかということのほうが重要です。つまり、20歳から70歳までで、自分に安定した収入があるかというところが、審査が降りるかどうかのポイントになってきます。 視覚障害、聴覚障害、その他身体の障害など様々な障害の種類はありますが、障害者の雇用のほうがその人の身体状況に合わせた就職をしているケースが多く、また一般の雇用よりも多いことが多いので、就職して、一定の収入がある方であれば、融資を受けられる可能性が十分にあるということです。 ただし、借入額によっては審査に時間がかかったり、もしかすると、審査が通らない場合があるので、まずは、キャッシング会社のネット診断を受けられることをおすすめします。 また、気をつけなければならないことは、障害者年金では、お金を借りられない消費者金融、キャッシング会社が多いとということです。級があがれば年金額も多いですが、年金は金融業者がいうところの安定した収入ではないそうです。 そのあたりのところは、一度公式サイトで、業者に直接お問い合わせをされることをおすすめします。
Copyright © 障害者のためのキャッシング案内。ネットで完結するから最小限の外出でOK All rights reserved